初心者必読

FXで負けすぎる、負けまくるトレーダー必見!負けを分析して勝ちに行く方法

FXで「負けすぎる」「勝てるわけがない」「勝てないむかつく」などと嘆いているトレーダーの方は多いのではないでしょうか。

いつまでも同じような負けをしていてはトレードでもビジネスでも勝てるようにはなりません。

・負けていて悔しい

・負けるとついつい熱くなってしまう

上記のことが当てはまる方は注意しておきましょう。

そこで今回はなぜ負けすぎるのか?どのようにしたら勝てるようになるのか?具体的にご紹介していきます。

FXで負けを分析する方法【勝ちよりも負けが重要】

FXで負けを分析するときにまず1番にやってほしいのが、

あなたのトレードを分析することです。

分析をすることによって自分のトレードを客観的に見る事が出来て冷静に分析することができます。

  • どんな時に負けてしまうか?
  • トレードの記録をつける
  • トレードの負けの分析

どんな時に負けてしまうか?

負けを分析する時にはまずどんな時に負けてしまうのか?分析していきましょう。

  • 損切りができていない
  • エントリーの根拠がない
  • 分析ができていない
  • 仕組みが理解できていない

など、トレーダーの数だけ負ける原因はあります。
まずは、自分がどんな時に負けてしまうのか徹底的に分析しましょう。

トレードの記録を付ける

トレードの負けを分析するためには、トレード記録が必須になります。

・どんな根拠でエントリーしたか?

・エントリー価格

・ポジション保有中にどんな気持ちだったか?

上記は最低限書くべきことです。

なんでもかまいませんが、あなたが振り返った時に負けが分析できるようにしておきましょう。

あとから分析した時に足りない要素があると思ったら適宜修正していけばOKです。

参考:FXでトレード記録の付け方と記録を付ける重要性を徹底解剖

トレードの負けの分析のやり方

トレードの勝ち負けは、1回1回のトレードではなく

最低でも10回ぐらいのトレードから分析していきましょう。

1.どんな局面で負けているのか

2.心理面は正常な判断ができる状態だったか?

3.ファンダメンタルズに大きな指標や発表がなかったか?

4.どんな根拠でエントリーしたのか?

上記のように分析していきます。

■負けトレード分析の具体例

トレード10回中8回の負け

1.上昇トレンド中の局面で逆張りを仕掛けていた。

2.損切りができずにずるずる引きずってしまった。

3.FOMCや雇用統計を関係なくトレードしていた。

4.ボリンジャーバンドのσ2の根拠で逆張りエントリー。

このようにして負けトレードの分析をしていきます。

あとは原因を1つ1つ解決していけばOKです。

分析チェックリストを作っておくと楽にできる

負けの分析をするときには独自のリストを作っておくと効果的です。
実際に私が使っているリストを紹介します。

  • 損切りポイントは適切か?
  • エントリーに明確な根拠があるか?
  • ファンダメンタルズにはどんなものがあるか?
  • リスク・リワードを把握しているか?

以上のようなリストを使って分析をしています。
負けの分析はトレーダーとして勝っていくために必ず必要になってくる能力なので必ずやっていきましょう。

チャートを分析する

トレーダーとして切っても切れない関係になるのがチャート分析です。FXトレーダーならだれもが必ず見ます。そしてエントリー・エグジットのポイントを探るのに使っていきます。チャート分析は始めから上手くできるものではなく、分析した量に比例してチャート分析能力は高くなっていきます。

チャートを見た分だけトレーダーとして成長する

チャート分析は一朝一夕では身につきません。毎日徹底的に分析することにより少しずつ身についていきます。
チャート分析は無機質なチャートとひたすら向き合う時間でとても退屈ですが、勝つためには必須になります。まずは何も表示させずにロウソク足のみで分析をしましょう。

何も表示させない

何も表示させないことにより純粋な値動きのクセやロウソクの作り方を体得することができます。この何も表示させないチャート分析はのちのトレードにかなり効いてくるので徹底的にやっていきましょう。

使うインジケーターを絞る

何も表示させない分析ができるようになって来たら、使うインジケーターを絞ってチャート分析をしていきます。なぜインジケーターを絞るのか?それはインジケーターの数と勝率は必ずしも比例しないからです。

中には、インジケーターは一切表示させないトレーダーもいます。
インジケーターは自分の目的と合致するもの又は使いやすい物のみを表示させてどのように意識されるのか?どんな時に有効なのか?分析していきましょう・¥。

デモトレードをする

チャートを開いたらなんとなくエントリーしたくなってしまいます。ですが実際に勝てるポイントはそんなに多くはありません。
しかし、始めたばかりのトレーダーやメンタルが自制できていないトレーダーはそれっぽい根拠を作ってエントリーしてしまいます。これでは、勝てるようにならないばかりか負けても勝っても自身の為になりません。

ですから、まずはデモトレードでしっかりと自分のメンタルをコントロールしてルールに従いトレードができるようになりましょう。
勝率が安定してくるまではデモトレードを続けていきましょう。

少額で始める

でもトレードで勝率が安定してきたら、自己資金でトレードをしていきます。自己資金でもトレードのロットは最小限で行います。現在は1000通貨で取引できるFX口座が沢山あるのでそちらでトレードしていきます。

始めたばかりで1万通貨でトレードしてしまうとすぐに損失が拡大するので、私は1000通貨をお勧めします。
1000通貨でトレードすると、利益もそれなりですが損失もそれなりです。
少額で始める時には、まずは、自己資金が増えたり減ったりする感覚に慣れる目的があります。始めたてのトレーダーは特に損失に対して免疫がないので少額でトレードして、利益と損失に対してどちらでもメンタルが動かない冷静なトレードができるようになっていきましょう。

自己資金の1%

少額でもしっかりと勝てるようになって来たら、少しずつロットを増やしていきましょう。ロットを増やしていくときには損失の額が一気に変わってしまうため損失の免疫がついていない為です。少しずつロットを上げていきましょう。

ロットを上げ始めたら意識することが最大のロットは自己資金と損切り幅によってロットが左右されるということです。
損切り幅が自己資金の1%に収まるようにロットを調整していきましょう。一回のトレードのリスクを限定することで安全にトレードをすることができます。

負けないために

ここまで、負けの分析をする方法を紹介してきましたが、肝心なのはここからです。
「いったいどのように負けない様にしていくのか?」ということです。

トレードは徹底的に自分と向き合い改善していく作業です。

自分と向き合う

負けを分析するためには当然負けを素直に認め、それを改善していくことが必要になります。
自分と徹底して向き合いどんな時に気持ちが高ぶってしまうのか?どんな時に逃げてしまうのか分析していきましょう。

常に改善を繰り返す

自己の分析だけでなく、トレードの結果も分析していきます。勝っても負けても分析です。

  • どんな時に勝ったのか・負けたのか?
  • 相場はレンジ・トレンドどっちなのか?
  • 手法はどんなものが有効か?
  • さらに勝率を上げていくためにはどんなことをするべきか?

など、改善すべきことはたくさんあります。勝てるトレーダーは常に自身のメンタルや手法がさらに良くなる方法はないか模索して改善をしていきます。

あなたが負けすぎないで勝てるようになるためにしっかりと分析と改善を行っていきましょう。