資金管理

FXでトレード記録の付け方と記録を付ける重要性を徹底解剖

FXのトレードの記録を付けていますか?

FXにおいてトレード記録を付けるということは必須の事です。

というのもトレード記録を付けるということはトレードをしっかりと管理しているということになりますから、自分のトレードを後から俯瞰してみることができてトレード手法の修正や自分のトレードのクセを見つけることができるからです。

しかしトレード記録をしっかりと付けているトレーダーは案外少なく多くのトレーダーが「めんどくさいから」とトレード記録を付けずにトレードをしています。

しかしそれではいつまで経っても自分のトレードの傾向を掴むことができませんから、成長するのが遅くなってしまいます。結果稼ぐのに時間がかかる。

とはいえ多くのトレーダーの方が「めんどくさい」とトレード記録を付けることはありません。そこで今回はトレード記録の付け方と記録を付ける重要性をお伝えしていきます。

FXのトレード記録を付けることの重要性

FXのトレード記録を付けることの重要性をお伝えする前にトレード記録を付ける心構えをお伝えします。

FXトレードをビジネスと捉えるか、それともギャンブルとして捉えるか?ということにも関係してきますが、トレード記録はいわばFXという仕事における日報の役割を果たすんですね。

普段の仕事なら、どんな細かいことでも記録を付けることを当然のようにしています。しかしFXとなるとその記録を疎かにしてしまっている。

つまりはトレードを仕事として落とし込めていない。ということになるんですね。記録を取らないことには何がダメで何が良かったのかを分析することができませんし、これからのトレードに活かすこともできません。

最初はおっくうかもしれませんが、FXは仕事だと意識を持つことでトレード記録を付けることが苦にならなくなってきます。

トレーダーは自身のトレードからしか真に学ぶことはできない

FXを勉強する時に勉強するものといえば本や教材、動画などさまざまなものがありますが、トレーダーが1番の勉強になるものがトレードの記録を復習することなんですね。

トレード記録というのは過去の自分自身のトレードの記録であるからその過去の自分から学ぶことができるということです。

これができないトレーダーは成長がどこかで止まります。それはトレードがそれぐらい奥の深い世界だからなんですね。自分のトレードと向き合わないトレードをしていたら勝てなくなってくるということです。

だからこそトレード記録をつけることはトレーダーにとって1番成長する教材の役割を果たします。

自分の積み上げてきた証になる

FXをしていると途中でどうにもならないような不安な気持ちになったり逃げだしたくなる時がどうしても出てきます。

そういった時にトレード記録を付けていることでそれが心を支えてくれる役割も果たします。「ああ、俺はこんなにやってきたのか!」と自分の努力の成果を目に見えて実感することができるんですね。

辛い時というのは大抵トレードの成果が良くない時なのでそういった時にこそ努力の軌跡を振り返るというのは非常に効果があります。

自分のトレードの傾向や弱点を客観的に分析することができる

トレード記録を付ける重要性の最後は、自身のトレードの傾向や弱点を客観的に分析ができるということにあります。

トレーダーはすべてを自分で管理しなければならない為、経営者でありながら、管理職であり、現場で働く社員でもあるんですね。

そのため、トレード記録を付けるのは現場の社員、それを管理・評価するのが管理職、そして経営者は今後にどんな施策を打っていくのか?これからどんな方向に進んでいくのかの舵取りをしていかなければなりません。そのためにはやはりトレードの記録がないとそういった判断をできないからトレード記録が必要ということです。

トレード記録の書き方・書くポイント【3選】

さてここまで熱くトレード記録を付けることの重要性についてお伝えしてきました。ここからはトレード記録の書き方と書く時のポイントを3つご紹介していきます。

1.取引した通貨ペアと時間軸

まず1つ目は取引した通貨ペアと時間軸の記載をしましょう。

これがないと自分がどの時間軸のチャートで戦っているのか?どの通貨ペアで戦っていたのか?分からなくなってしまうため必ずつけるようにしましょう。

2.エントリーとエグジットの根拠と価格

2つ目はエントリー・エグジットの根拠よその価格ですね。これは後で分析をするときに役に立ちます。

勝っている時は何が良かったのか?反対に負けた時には何が悪かったのか?自分のトレードを客観的に分析するためには必須で記録しておきましょう。

3.トレード中の自分の心理状況

これは意外にも書かないトレーダーが多いですが、そのポジションを持っていた時の心理状態も記録しておくといいですね。

トレードというのは心理つまりメンタルによって結果が大きく左右されます。

ポジションを持った時にどのように感じていたのかを記録しておくことで、次に自分が同じような局面に来た時にどのように対処するかの対策を取ることができます。

怖いと思ってもすぐには逃げない!とか自分の決めた利食いポイントまではしっかりと我慢するといった具合ですね。

まとめ:トレード記録を書くときのポイント

トレード記録とは結局後で自分が見返した時にしっかりと分析をすることができる形になっていればどんなものでも構いません。

ですが多くのトレーダーはこの記事を読んでも記録を付けることすらしないでしょうから、まずはトレード記録をどう書くか?よりもトレード記録を付ける習慣を付けていきましょう。

その習慣がついてから自分があとから見返した時に分析がしやすいような情報を必要があれば記録するようにいていけばいいのです。

何よりもまずはトレード記録を付ける習慣を付けてFXが仕事であるという意識を強く持ってトレードを行っていきましょう。