資金管理

FXの損切りはpipsで決めるな!失敗しない損切り目安とは?

損切りはpipsで固定するな

FXで始めたころは損切りのポイントというのは非常に分かりにくいですよね?その時に何pips下がったら損切りと幅固定でを決めているトレーダーも多いのではないでしょうか?

しかしその損切り目安では非常に危険です。

なぜなら相場は常に動いているから、損切り幅が毎回同じということはありあえないのということ。

明確な損切り目安を設けて損切りできるというのは、とても素晴らしいことです。

しかし、もう少し踏み込んで損切りを適切な箇所で行えるようにしていくとトレードの結果が良くなります。

良くシステムトレードやシグナル配信なんかでは損切りpipsを固定してトレードするのをみかけますがそれは適切ではないということです。

これは個人の裁量トレーダーも同じで損切りポイントは毎回違うべきなので、同じということはあり得ません。

では、どのように損切りを決めていけばいいのでしょうか?今回は適切な損切り幅の決め方をお伝えしていきます。

FXで損切りをpipsで固定するトレーダーは負ける

損切りを固定にするトレーダーは負ける

損切りをpipsで固定するトレーダーは必ず負けます。これは相場が動いている以上毎回損切り幅は違って当然の為、当たり前のことです。

損切り幅をpipsで固定するのは、トレードをシステム的に行っているということなのでとても優秀なトレーダーです。

ですが、さらにもう一歩踏み込んで損切り幅を設定して上げることでトレーダーとして優位に立ち回ることができます。

そもそもpipsってなに?

そもそもpipsというのは、100.200の小数点第2位の数え方の事で、価格の単位で言うところの1銭2銭の数え方の部分です。

これをFXでは1pips、2pipsと表します。

例えば10銭の値動きがあればFXでは10pips動いたという風に表現します。

pips表記になれていないと考え方が難しいですが、これは覚えるというよりも慣れた方が速いので無理に覚える必要はないでしょう。

FXをやっていれば次第に慣れてきます。

計算には慣れておく

簡単な計算になりますがトレードをしていくうえではpipsとその計算に慣れておく必要があります。

例えば

1万通貨でトレードをしていて20pips勝ったら利益はいくらになるでしょうか?

答えは2000円です。

では、1万通貨で100pips勝ったらいくらになるでしょうか?

この答えは自分で考えてみましょう!

こういった単純な計算は損切りをするときにも使うのですぐにできるようにしておきましょう。少なからずトレードは計算ができた方が勝てるようになるのは早いです。

損切りpipsは毎回変わる(重要)

損切りpipsは毎回変わります。

エントリーのポイントによって意識されるポイントが変わるから当然ですね。

そのため損切りはpipsで固定するのではなく、許容損失によって割り出すのが適切な損切りの決め方になります。

損切りは許容損で決める

損切りの許容額というのは、リスク管理の考え方で最大でも自己資金の2%になるようにするというのが推奨されています。

勝っているトレーダーでもこのルールは守っているので絶対に2%以上にならない様にトレードをしましょう。

損切りを許容損で決めるということは、pips×通貨枚数=許容損になるように損切り幅を決めていくわけです。

例えば

自己資金100万円でエントリーポイントを見つけたとします。

エントリーポイントから損切りまでの距離が10pipsだとします。

この時に何ロットでエントリーすれば2%の損失に抑えることができるでしょうか?

答えは、20万通貨になります。

100万円の自己資金の2%は2万円です。この時に損切りまでの距離は10pipsだったので答えは20万通貨が正解です。

このような計算をして毎度損切り幅とロットを決めていきます。

これは意識していないとどしてもできるようにはなっていかないので、毎回のトレードで意識してトレードをしておくといいでしょう

これが適切な損切り目安の決め方になります。ここまでしないと勝ち続けることは難しくなってくるので必ず習得してください!

具体的な資金管理の仕方はFXの資金管理で鉄則のルールとは?これが守れないと必ず破産するでも書いているので気になる方はどうぞ。

獲得pipsが損益に比例してくる

獲得pipsが損益に直接比例してくるのは言うまでもありません。

そのため、リスクリワードも考えてトレードをする必要があります。

リスクリワードは1:2以上のトレードになるようなエントリーポイントを探っていきましょう。

リスクリワードが1:1では勝った時と開けた時の損益がトータルになりません。スプレッドがある分マイナスになってしまいます。

そのため必ず1:2のトレードをするように心がけましょう。

FXトレードで失敗しない損切り目安とは?

FXトレードで失敗しない損切り目安とは?

ここからは少し発展ですが、失敗しない損切り目安について解説していきます。

  • ダウ理論の根拠が崩れた
  • エリオット波動の根拠が崩れた
  • グランビルの法則の根拠が崩れた
  • ヘッド&ショルダーの形が崩れた

上記のように、根拠が崩れた時が損切りの目安になります。

細かい損切り目安に関してはあなたの手法がどんなエントリーをしているかによりますが、原理原則は同じですので上記のものが損切りの目安として参考になりますよ。

 

まとめ:やることの順番を間違えない

順番を間違えない

FXでの損切り目安はpipsで固定するのではレベルが少し低いです。

もちろん損切りができるだけ他のトレーダーよりも有利に立ち回ることができますが、せっかく損切りができているならさらに有利に立ち回れるような損切りの仕方を身につけましょう。

それが今回ご紹介した、自己資金の2%の損切りです。

この損切りができるようになれば大きな負けはまずなくなります。1度の損失を2%に抑えるので当然。

これがかなり重要です。

トレーダーには順序があり、多くのトレーダーがその順序をすっ飛ばして勝ちに行こうとしてしまいます

まずトレーダーが目指すのは大きく負けない様にすることです。これができないと勝ち続けることはできません。

それができてようやく、どうやって勝っていくのか?つまり勝率を高める作業に入っていきます。まずは多きく負けない事を意識する。

これだけでトレーダーとして相場に対する見方が変わってくるので、大きく負けない事を意識してトレードに臨んでいきましょう!