資金管理

FXで負けないマイルールを作って負けないコツを掴もう!勝つ人はルールを必ず持っている

FXで負けないマイルールを作って負けないコツを掴もう!勝つ人はルールを必ず持っている

FXで重要なのは負けないこと。

そのためには、自分の負けないトレードルールを作ることが勝っていくための1番の近道です。勝てるトレーダーはみんな独自のルールに乗っ取ってトレードをしています。

でも、ルールをどうやって作ったらいいのか?何をルールにしたらいいのか?不安になりますよね。今回はFXで負けないルールを作る方法を詳しくお伝えしていきます。

✔本記事の内容

  • FXで負けない為のトレードルール
  • ルールを守る事の重要性と思考法

上記のようになっています。この記事を読んだら早速自分のトレードルールを見直して見ましょう。

FXトレードは負けないルール作れば負けなくなる

FXトレードは負けないルール作れば負けなくなる

当然といえば当然ですが負けないルールを作れば負けません。理論上はですが。

難しいのは、そのルールを守ることです。守ることさえできればずっと勝てます。これが難しいですが、誰の為でもない自分の為に自分が作るルールなのでどんな事があっても守っていきましょう。

  • 準備編
  • メンタル・マインド編
  • トレード実践編

今回は上記の分類で負けないルールに考えて行きたいと思います。

■準備編

まずは、トレードを実際に行う前段階からです。

多くのトレーダーはここができていないから負けている場合も往々にしてあります。

  1. 自分に有利なFX口座を開設する
  2. 余剰資金を用意する
  3. ダウ理論を理解する
  4. 検証を行う

1.自分に有利なFX口座を開設する

自分に有利なFX口座とは、自分のやりたいことができる口座のことです。
両建てだったり、使いたいインジケーター、チャートツールなど、証券会社によって違いますからしっかり厳選しておきましょう。

2.余剰資金を用意する

FXは投機ですから余剰資金でトレードします。
つまり、生活資金はトレードの軍資金としては相応しくない。ということです。
もしも、余剰資金が少ない場合は貯金をして目標金額になるまで学習をするか、少額から始めて運用しつつ積み立て式で増やしていきましょう。

3.ダウ理論を理解する

テクニカル分析の基本中の基本の理論になります。

勝っているトレーダーが確実に意識しているのがダウ理論です。元は米国の株式市場で生まれた分析手法ですが、FXでも十分に使う事ができます。

参考:FXで基礎中の基礎なダウ理論の使い方を徹底解剖【チャート分析に必須】

4.検証を行う

トレードの手法は自分で手法を確立する方法と誰かに教えてもらう方法の大きくは2つの種別があります。

どちらでも構いませんが、どちらにも必要になるのが検証作業です。

この検証作業をすっ飛ばしてトレードする事は論外です。非常にめんどくさくて骨が折れますが確実にこなしましょう。

■メンタル・マインド編

トレードではメンタル・マインドが相当大切になってきます。それはメンタルが良好に保つ事ができないと適切な判断ができなくなってしまうからですね。

メンタル・マインドで守るべきルールは

  1. 他の手法に浮気しない
  2. 自分が作ったトレードルールを確実に守る
  3. 欲の制御
  4. 確率で考える

上記の4つです。これらすべてかなり重要なものになりますから、確実にできるようにしておきましょう。

1.他の手法に浮気しない

FX初心者によく見られますが、特に始めのころほど、いろいろな通貨ペアや手法に浮気をしてしまいます。

上手くいかなくなるとすぐに新しい通貨ペア、手法に浮気をしていては、相場の経験が浅くなってしまいます。

これだ!!と通貨ペア、手法に出会ったら最低でも半年は付き合ってみましょう。慣れて来たら手法を追加したり取引する通貨ペアを増やしていけばよいです。

2.自分が作ったトレードルールは確実に守る

至極当たり前の事ですが、これが以外と難しい…

しかし、自分の作ったトレードルールです。確実に守るように訓練しておきましょう。

なぜこれが重要かと言うと。

自分の作ったルールが守れていないと徐々に自信がなくなってきてしまい、自尊心が低くなってしまうから。

です。つまりトレードをする心理状態として良好な状態が保てなくなるということです。

損切りなんかでも経費として考えなければいけないのに、自尊心が低いから素直に受け入れる事ができなくなる事があります。

3.欲の制御

トレーダーも人間ですから当然欲はあります。

ですが、トレードにおいて欲は不必要な要素です。欲がある事で…

  • 損切りを遅らせる
  • チキン利確をする
  • ポジポジ病
  • 過度なロットのトレード

と、上記のような負けトレーダーの典型的なトレードをすることに繋がってしまいます。

ですから、欲の制御は必須です。

4.確率で考える

現実問題として、毎回のトレードで勝つことは不可能です。

それは、どんな優位性のある手法だとしても、プロトレーダーだとしても例外はありません。

つまり、どんなトレードでも負ける可能性が内包している。

ということです。自分の検証した手法に従ってトレードしていても負ける時は負けます。

大切なのは勝つことではなくて、トータルで勝ち越すことです。各トレード5とに確率思考で考えて常に負ける事にも配慮しておくことが重要です。

■トレード実践編

トレード実践編では実際のトレードで守るべきルールです。

これはあなた自身が作ったトレードルールはもちろんの事ながらどんなトレーダーにも当てはまるルールをお伝えします。

  1. リスクリワードを1:1以上にする
  2. 損切り注文は必ず入れる
  3. 資金管理の徹底
  4. トレード時間の固定
  5. 上位足の際でトレードする

上記の5つです。これらが守れるようになると負けトレードが格段に減ります。

また、トレードしていて大きなドローダウンがなくなる事が体感できるでしょう。

ただ、デメリットはたくさんエントリーしたいトレーダーにとってはエントリーのチャンスが少なくなってしまう事ですね。ですが、トレードはたくさんトレードしたからといって勝てるものではないので問題無しです。

1.リスクリワードを固定する

リスクリワードを固定します。リスクリワードがぶれると資金効率が悪くなったり、トータルで負けることになり兼ねます。トレードをしている以上必ず伴うのがリスクで、このリスクをどう管理するのかがトレーダーに求められる技術です。

リスクリワードは最低でも1:2で固定してトレードの利益を安定させていきましょう。

2.損切りは必ず入れる

損切りはどんなルールであれ、必ず入れましょう。損切りを入れないことは、ブレーキのない車を運転しているのに等しいです。

必ず損切りを設定しておき、自分の資金の安全を確保しておきましょう。

参考:【悲報】FXに損切りしない方法は存在しない。諦めて損切りしよう

3.資金管理を徹底する

トレーダーとして勝ちたかったら手法よりも大切なのが資金管理といわれるくらい大切です。資金管理ができていないと勝てません。

トレーダーは経営者と同じなので、資金管理をルールに組み込んでおくといいでしょう。

資金管理には、ポジション管理、損切り幅の調整、ロットの管理、ポジションの数等たく3の要素が必要になります。

参考:【完全版】FXトレードの資金管理の方法徹底解説:リスク管理は必須

4.トレードの時間帯を固定する

トレードする時間を固定することで、普段との違いだ―とったり、その時間特有のクセを見抜くことができます。

副業としてFXをするトレーダーは特に、本業中はFXチャートを見ないなどのルールが必要です。チャートを見ると気になって本業に集中できなくなったり、変な所でエントリーしてしまうからですね。

仮に副業であっても絶対に片手間のトレードにならない様に注意しておきましょう

5.上位足の際でトレードする

自分の普段見ている時間足だけ見てトレードしていると相場の動きの全体観が分かりません。

これは重要な節目となっているサポート・レジスタンスも同様です。上位足の節目となるようなポイントは意識される事が多く硬く機能してくれます。

・15分足 → 1時間足と4時間足

・1時間足 → 4時間足と日足

というように上位足の際でトレードをするようにしましょう。こうすることでプライマリートレンドに逆らうことなくトレードができるため損切りにもかかりにくく勝率も上がりやすいです。

FXで勝てるトレーダーはみんなルールを持っている

FXで勝てるトレーダーはみんなルールを持っている

冒頭でもお話ししましたが、勝てるトレーダーはみんなルールをもっています。しかもそれを頑なに守り続けます。断固として破ることはないです。

だからこそ勝ち続けられるというものですが、なぜルールを破らないかといえば、それはそれで失敗することを分かっているからなんですね。

失敗したからこそそれをルールにしてしまう。これが非常に重要で、例えば…

■指標発表で失敗した → 指標発表はトレードしないとルールに決める。

■損切りしなくて失敗した → 損切りは必ず行う

■ナンピンで失敗 → ナンピンの回数を制限する

等の事です。勝っているトレーダーほどたくさんの失敗を経験していて、それが自分のルールを作り上げていくということですね。

沢山失敗してトレードのルールを構築していきましょう。

当然ですがわざとする失敗ではなく、全力でやった上での失敗をです。

それじゃないと意味がないですからね。失敗が怖いと思うトレーダーは小さい金額やデモトレードで沢山トレードの失敗を重ねていきましょう。

重要なのは勝つことではなく負けない事

それで、ルールを守る上で大切な考えかたがありまして

勝つことよりも負けないこと

この考え方が根底に無いとダメなんですね。というのも、勝つことを思考するとリスク先行になりやすいからなんですね。

重要なのは月・年単位で比較的同じような利回りをあげて資産を大きく減らさない事です。

これができないと単発で勝つことができても長期で資産を大きくする事ができません。トレード・投資というのは一生継続していくものです。

その中で単月だけ利益が出ても長期で負けるような仕組みでは本末転倒ということになりまうす。

まとめ:自己ルールは確実に守っていく

自己ルールは確実に守っていく

トレードのルールを作るときには、自分の失敗をルールに組み込むことを意識してルールを構築していきましょう。

どんなことでもルールになりますが、忘れてはいけないのが

自分で決めたルールは必ず何があっても守る

これができないとどんなに素晴らしいルールを作っても勝っていくことはできません。

トレードは自分との戦いです。もし、ルールを破りそうになったら何が何でもルールを守るようにしましょう。

その積み上げが勝つトレーダーになる為には必要なことになります、。