マインド

FXは待つのが仕事!ただ待つのではなくチャンスを待て!!

FXでは待つのが仕事といわれるくらい待つのが大切なものになります。なぜ待つことが大切なのでしょうか?

それは、待つことでチャンスをとらえることができ、待つことで利益を大きくすることができるからですね。

しかし、当然のことながらただ待つだけではFXで勝っていくことはできません。ただ待つのではなく、自分のシナリオを描きそのチャンスを待つということが大切なのです。

要するにFXで待つのが仕事を言われることの本質は、ただ待つことではなく自分でシナリオを描き、そのシナリオ通りに相場がなるのを待つ。

これが待つことの本質になります。ただ待っているだけでは何も変わりません。含み益をただ大きくなるのを待つのではなくどこまで待つのか?明確なポイントを決めて待つということが大切なことになのです。このことを理解せずにただ待っているだけでは、FXでは利益は上がらないしトレードの技術も上達していかないので十分に注意しましょう。

では、どうやったらそのように待てるようになるのか?ただ待つのではなくチャンスを待つために必要な思んあ考法を今回はお伝えしていきます。

FXは待つのが仕事

FXh待つのが仕事です。ほとんどの時間が待つことに使います。エントリーのチャンスを待つ。利益が大きくなるのを待つ。含み損が含み益に変わるのを待つ。このように待つことがFXでの重要な役割を果たします。

待てないということはそれだけで、負けるといっても過言ではないほどに待つことが大切なのです。

では、待てないトレーダーはどんなトレードをしてしまうのでしょうか?

待てなくてエントリーしてしまう

エントリーのチャンスを見極める前にエントリーをしてしまう。これをやってしまうトレーダーは非常に多いです。勝てるエントリーポイントというのは、そう多くはないですがそれでもチャートを見るとなんとなくエントリーしたくなってしまう。

このような現象が待てないトレーダーには多くあります。

待てなくてエントリーしてしまう場合には、エントリーの根拠がない場合が非常に多いので、しっかりと自分のエントリーの根拠とシナリオを考えてからエントリーしましょう。

焦ってエントリーしてもただ損失を膨らますだけで自分にとってもなんのメリットもありません。

待てなくて途中で利食いしてしまう

利益を待てなくて途中で利食いしてしまうトレーダーも多くいます。これらのトレーダーは総じて、「損失になるのが怖い」「含み益が減ってしまうのが嫌だ」などと思っている場合がとても多いです。

損失になるのが怖い場合には、建値決済をしたり、トレーリングストップを活用して利益を最大化する方法を考えておきましょう。また、損失を許容できる範囲に抑えておけば損失になっても十分に耐えることができるので何ら問題はないでしょう。

含み益が減ってしまうのが嫌だ、という場合には相場に対する考え方が間違っています。どれだけ利益になるかは誰にも分かりません。相場が決めることで、その時に含み益が増えるか減るかもコントロールはトレーダーにはできないということです。この場合にはトレーリングストップを活用して、利益を固定しながら損小利大を作っていくといいでしょう。

どちらの解決策も「待つ」という概念が必要になってくるので待てるトレーダーになっておきましょう。

個人投資家の優位性

ファンドのトレーダーたちは常にポジションを保有して利益を上げなくてはなりません。しかし個人投資家である私たちにはその義務はありません。自分がエントリーすると判断した時にのみエントリーすればいいのです。

そのため、常にポジションを持ったり、焦ってポジションは持つ必要はなく自分の分かる所だけトレードをする。

これが個人投資家にのみ許された利点です。焦ってチャンスに飛び乗る必要も一切ないし、分からない所で無理やりエントリーする必要も全くないです。

特に分からない相場というのは、シナリオを立てることができていない状態になるのでとても危険です。このような相場でエントリーする必要は全くありません。焦らずとも相場は常に動いているので次のチャンスを取れるように準備をしておくのがいいでしょう。

まとめ

チャンスに焦って飛び乗ったり分からない相場で無理にエントリーしたりと自分のシナリオ通りに待てていないトレードは非常に危険です。

相場は常に動いていて、チャンスはまた来ますし、自分が分析しやすい相場も必ず来ます。

その時に焦って無理にトレードをするのではなくしっかりと待つ。

そしてきちんと分析をするしシナリオを作り待つ。これがとても大切になります。ただ待つのではなくこのシナリオがないと戦略的に待つことはかなり難しいです。

どこでエントリーをしどこで利食い・損切りなのか?を常に考えることで本当の意味で待つトレードができるようになってくるので、しっかりとシナリオを描いて待つということを実践してみましょう。