マインド

FXトレードはひたすら待つ!待てば勝てるようになる?

トレードは待てば勝てるようになる

トレードはどれだけ待てるか否かで勝負が決まるといっても過言ではありません。ですが多くのトレーダーは自分のエントリーポイントまで待てずにエントリーをしたり、含み益を伸ばせずにチキン利食いをしてトレードのパフォーマンスを自ら下げてしまっています。

そのようなトレードをしていては、いつまでたっても勝てるようにはなりません。トレードにおいては「待つ」ということがとても重要な能力になります。

一般的な仕事では、待っているだけでは怒られてしまいます。自分から仕事を探しに行けと、常に手を動かしていろと

ですが、FXの世界ではそれが逆になります。沢山エントリーをしたからといって必ずしも勝てるわけではない。勝っているトレーダーはじっくりじっくりと待ちじっくりと待ちトレードをしています。

ということで、一般的な仕事とトレードは切り離して考える必要があります。

多くのトレーダーがこれがごちゃ混ぜになってしまっているから待てないのです。

損小利大のトレードを作る意味でも待つことは非常に重要になってきます。

FXは待てば勝てるようになるというか待てないと勝てない

待てないとそもそも勝てない

FXトレードで待つという行為が無いと当然勝てません。というか待てないと勝てない。

と言える。

というのも、トレードで待つという事ができない場合には、エントリーポイントの精査が純分にできていないことになり、負ける確率を上げる事になってしまうからです。

待てない典型的な例としては、

チャート開いたらなんとなくエントリーしたくなる。ポジポジ病の人。

このようなトレーダーが勝てていないのは誰の目にも明白な事です。

つまり、トレーダーは待てないと勝てない。待つことが仕事と行っても過言では無いです。

とは言え、待てないという気持ちも痛いほど良く理解できます。そのため、待つことの重要性を理解して待てるトレーダーになりましょう。

FXトレードで待つことの重要性

待つことの重要性

待つことの重要性は計り知れません。

  • 待つことで損小利大のトレードができる
  • 待つことでエントリーの精度が上がる

以上のようなメリットが待つことにはあります。つまり、トレードは待つことによってパフォーマンスが上がる面白い分野なのです。

他の分野ではなかなかありません。

もっと言うと、

  • トレードをしたいけれど手法が完成していないからトレードしない
  • 資金が目標投資額に達していないからトレードはしない

これも待つことの重要性を物語っています。

つまり、トレードで待てないということはそれだけで自分の資金がリスクにさらされる危険があるということなのです。

待てるか否かがトレードの勝敗を大きく左右してきますのでしっかりと理解しておきましょう。

ひたすらチャンスが来るまで待つ

自分のチャート分析を信じて、狙ったチャンスが来るまでひたすら待ちましょう。

そして、なるべく価格を狙ったレートまで引き付けます。これが待つことの大切さです。もちろん待ちすぎてチャンスを逃してしまうことはあるでしょう。

ですが、それは自分のチャンスだと思っていたポイントを見誤ったか、相場がまだそこに行くのは早いといっただけなのでその場合には、そのポイントに固執せずに次のポイントを探していきましょう。

チャンスを見逃したら飛び乗らない

チャンスを待つことと近い部分がありますが、自分がチャンスと思っていたところにレートが来なかった場合、またはチャートをいるのが遅れてエントリーができなかった場合、いずれの場合でもそのチャンスは見逃して間違っても焦って飛び乗らない様にしましょう。

チャンスというのは、そのレートでエントリーができているからチャンスなのです。そのレートよりも離れたところでエントリーしてしまうと、損切り幅が自分の許容を超えたり、利益が少なくなったり、トレードのパフォーマンスが下がるので飛び乗らないことが大切です。

また、見逃したということは、そのチャンスを掴む準備が十分ではなかったということでもあります。そのため仮にその場で掴めたとしても上手くいかない場合が多いです。

なぜ、そのチャンスを掴めなかったのか?どうしたらエントリーできたのか?などをしっかりと考え次に活かす方向にシフトしていきましょう。

自分の勝てるポイントはそう多くはない

自分のトレードで勝てるポイントはそんなに多くはありません。

それは手法にもよりますが、デイトレードでも1日に多くも5回とかそんなレベルです。

勝てるポイントに絞ってエントリーをしていくととても資金効率が良く早く稼げます。また、エントリーポイントがしっかりと精査でき待てるようになると、リスクもその分減ってきます。

それは、スイングトレードなのに損切り幅10pipsのトレードができるようになるということです。ここまで突き詰められるのはさすがにスーパートレーダー位ですが、それだけエントリーポイントを絞ってエントリーをすることでトレードのパフォーマンスが変わるということです。

1日の中で何度も何度もエントリーをするのではなく、自分のエントリーポイントはどこなのか?勝てるポイントはどこなのか?それを絞ってエントリーしたトレードの方が得られるものも大きいです。

参考:FXトレードのエントリータイミングの探し方【これだけでは勝てません】

参考:FXの1日のエントリー回数は?取引回数を制限しリスクを限定する

稼ぎたい欲に負けてないか?

どうしてもチャンスが待てない場合には稼ぎたい欲に負けていないか?と自問しましょう。

待てないトレーダーは確実に稼ぎたい欲に負けています。

本来トレードを始めた目的はお金を増やすことであってエントリーすることが目的ではありませんよね?

厳しいですが、FXでは待てないといつまで経っても勝てるようにはなりません。

稼ぎたい気持ちは心の大事な部分にしまっておいて実際のトレードでは取引ルールに則ってトレードするようにしましょう。

参考:FXで負けないマイルールを作って負けないコツを掴もう!勝つ人はルールを必ず持っている

待てないのであれば取引時間軸を伸ばす

待てないのであれば時間軸を伸ばす

それでもエントリーのポイントを絞れない場合には見ている時間軸を伸ばすのが効果的です。

FXトレードは時間軸が短くなればなるほど力関係の切り替わるスピードが速くなり、素早い判断を要求されます。

また、時間軸が短いほど相場のノイズが大きいのでちょっとした値動きに惑わされてしまいます。

そのようなことが起こらない様にトレードの時間軸を長くしてみるといいです。

トレードの時間軸を長くすることで相場のノイズが少なくなり、値動きも安定してくるのでトレードに慣れるまでにはできるだけ長期の時間軸を見るように心がけておきましょう。

参考:FXのトレードスタイルの種類と決め方【初心者はスイングトレード1択です】

まとめ:トレーダーは待つのが仕事

トレーダーの仕事は待つこと

トレーダーは待つのが仕事といっても差支えがないでしょう。

待つことによりリスクできるだけ小さくしてエントリーをし、待つことにより利益を大きくして損小利大のトレードをします。

トレードは釣りによく似ています。釣りも餌を仕掛けて魚が食いつくのを待ちます。すぐに引き上げてたら逃げられてしまう。

トレーダーも同じで、餌(エントリー)を仕掛けて魚(利益)が食いつくのを待ちます。すぐに引き上げると逃げられる(損失になる)。

釣りに例えると理解がしやすいかと思います。

いかにして自分がエントリーを絞り待てるのか?トレードは自分との戦いです。それを制するために日々努力を怠らない様にしておきましょう。