マインド

FXトレードの失敗にありがちな事【10選】

どうもちゃんどらです。

今回はトレードの失敗にありがちな事【10選】という事で解説していきます。

FXトレードにおけるすべての失敗がこのどれかに入って来るので網羅しておけばトレードの改善の役に立つ事でしょう。

それで、トレーダーというのは勝ちにフォーカスしてしまいがちですが、失敗や負けトレードといった物にフォーカスしていかないと長期的には勝ちきれなくなってきますから、覚えておいてあなた自身の負けトレードの分析をする時に使って見てください。

FXトレードの失敗にありがちな事【10選】

当然ですがFXトレードの失敗にもいろいろな物があります。それはポジポジ病だったりとか、損切り貧乏だったりする訳ですが、今回はそういったテクニックやトレーダーの癖云々の前に抑えておきたいトレードの失敗の大きなくくりというのをお伝えしていこうと思います。

というのもこのくくりが理解できていないと自身の負けトレードの分析の時に正確な分析というのができてこないからなんですね。

冒頭でも書きましたが、この負けトレードの分析というのがトレーダーとして勝っていくためには必須の事項になってくるので、あなたもぜひともマスターして下さい。

1,無知

まず初めにあるのが無知という事ですね。無知というのは読んで時の如く何も知らない状態の事です。

このような状態で失敗するのは明白といえるでしょう。

知っていれば避けられた事がここに該当します。

例えば、資金管理の技術なんかがこれに当てはまりますね。

2,不注意

2つ目は不注意という事です。

この不注意というの人間ですからすべてを避けるということは無理に等しいと言えます。

そのため、トレードでこの不注意を防ぐ為にエントリーの時にフィルターを増やす等の施策をして対応していきましょう。

3,間違った判断

3つ目は間違った判断です。これも不注意と同様ではありますが、自身が間違った判断をしてしまったという事を認めるという素直さが重要になってくると言えますね。

負けているトレーダーの多くが自己否定ができていない場合が非常に多いので、この機会に自分の負けや間違った判断を認める習慣をつけましょう。

個人的におすすめなのは相場が休場中の土日に反省することですね。

4,手順のミス

4つ目は手順のミスです。これはエントリーの時に相当するのですが、チャート分析して損切り決めてエントリー等トレーダー各個人に一貫した手順というものがあると思います。

しかし例えばこの手順も、エントリー → 相場分析 → 損切りの設定

といったように手順のミスをするだけで、失敗トレードに陥る可能性が高くなるという事なんですね。

5,分析と検討の不足

5つ目は少し内容が難しくなりますが、分析と検討の不足です。これは例えば、ミクロの視点で5分足なんかで分析はしたけど長期や中期の時間軸での分析をしていない場合に起こります。

当然相場ではマクロの視点とミクロの視点のどちらもが必要になってくるので、分析する際には十分に気をつけましょう。

6,相場環境の変化

6つ目はトレーダー起因とは言い難いですが、相場環境の変化が挙げられます。これは相場が売り基調だったのが一転買い基調に変化した場合等がそれに相当しますね。

相場環境の変化というのは相場で稼ぐ以上なにかで判断する術というのは持っておいた方がいいので、それがダウ理論なり、移動平均線でも構いませんから持っておくといいですね。

7,シナリオ想定

7つ目はシナリオ想定です。シナリオ想定というのは想像が難しいかもしれませんが、トレーダーである以上はシナリオ想定の力が求められます。

もし仮にエントリー時のシナリオが崩れてしまった場合はどうするのか?今のエントリーが崩れるシナリオとはどんな物が考えられるのか?必ず考えておく必要がありますね。

8,過去の成功体験にしがみつく

8つ目は過去の成功体験にしがみつくという事です。これはトレーダーならありがちな事ではないでしょうか?前に同じ手法で勝てていたからこれで勝てる!と思い込んでしまったり、相場環境が買い基調に圧倒的に変化しているのにショートしてしまったり。

このような事というのは過去の成功体験にしがみついた結果と言えます。

過去というのはもう過ぎてしまった事なのでどうすることもできません。それよりも今、未来の相場がどう動いていくのか想定することがトレーダーに求められる資質と言えますね。

9,判断力の低下

9つ目は判断力の低下です。これは人間なら必ず誰しもがあることでしょう。

時間帯で眠くなる時間だったとか精神的になにか負担になるものを抱えていたりとかですね。

過度の損切りで躍起になって取り返そうとしているときもこれに相当しますので、常に自身を客観視して冷静な判断ができるようにしましょう。

仮に冷静な判断ができないと思ったらトレードしないというのも賢い手です。

10,まだ知らない事(未知)

最後はまだ知らない事、つまり未知です。

これはどうしようもありません。知らなかった訳ですからね。ですがそこで思考を止めるのはよくありませんから、次からはそうならない為にどうするのか考えて置きましょう。

未知というのには、自分がまだ使ったことの無いインジケーターを使うとか、相場状況に影響する物にどんなものがあるのか把握できていない場合に起こり得る事だと言えます。

トレーダーである以上は常に勉強よ改善の繰り返しになりますから、知らない事があっても次に活かしてトレーダーとして勝てるようにしていきましょう。

まとめ:トレーダーは負けトレードにフォーカスせよ

FXトレーダーである以上は必ず負けトレードというのが存在します。

これはどんなに稼いでいるスーパートレーダーであっても例外ではありません。スーパートレーダーであっても負ける事は当然のようにある訳です。

ですが、勝っているトレーダーというのは勝ちトレードよりも負けトレードにフォーカスします。

というのも、負けトレードの方が自分のトレード技術を向上させてくれるという事を理解しているからなんですね。

当然ですが負けトレードが少なくなるほどに勝った時に利益が大きく残るトレードができます。その為負けトレードを潰す方が効率的という事ですね。

この事を理解しているだけで、トレーダーとして優位に立つことができるので、これを読んでいるあなたは、勝ちトレードではなく負けトレードにフォーカスしていきましょう。

それで、負けないトレードができてくると長期でいくらでもチャンスは巡って来ますから早く稼ぎたい気持ちを抑えて、気長にトレード技術の向上を目指していきましょう。