資金管理

FXだけで生活できるか?FXで生活していくのは非常に厳しい

FXには専業と副業があります。FXで少し利益が上がるようになると専業という選択肢も見えてくるでしょう。しかし専業というのはかなり過酷な世界です。

安易に仕事を辞めて専業になっても勝ち続けられる保証はどこにもありません。すぐに仕事を辞めてしまうのではなくもう一度冷静に考えてみましょう。

FXで生活するのは可能なことではありますがそれだけで生活するのは意外に厳しい物でもあります。

FXで生活することは可能なのか?

FXで生活することは可能ではありますが現実的には非常に厳しいものです。毎月20万稼いでも税金や健康保険、年金などを払う必要がありますし、会社に勤めていればそれらは一定額会社が負担してくれますがFXで生活するということは個人になりますからすべてを自分で賄う必要があります。

安定的に収入を得ることは難しい

FXは相場の値動きを利用してその差額を得るといビジネスモデルです。そのため自分がどれだけ利益を上げたいと思っていても相場が利益を上げられる相場でないと利益を上げることは難しいです。

なので安定的な収入を得ることは非常に難しいのがFXです。その中でもFXで生活をしていきたいのであればそれなりの資金が必要になりますし、もとで以外にも生活費もある程度余裕を持って準備しておく必要があります。

専業と副業の違い

専業と副業では大きく違うのは心理的な負担です。FXのみの専業トレーダーになってしまうとそれだけで利益を上げて生活をしていかなければならない状況になる為心理的な負担が大きくなります。

反対に副業であればもし利益が出ていなくとも生活はできるので心理的には負担は軽くなります。

税金や年金などを支払う必要がある

税金や年金などは副業の時には会社がある程度負担してくれましたが専業になるとすべて自分が負担する必要があります。

また、将来の事を考えた時にずっとFXトレードで稼いでいくことができるのか?ということも視野に入れておかなければいけません。リスクヘッジの意味でその他のビジネスも並行して行うのも1つの手ですね。

心理的な負担が違う

心理的な負担は専業になるとかなり大きなものになります。それは失敗ができなくなるし生活費も稼ぐ必要があるからです。

この心理状態に慣れていないと利益を上げなくてはと心理的に焦りが生じてポジポジ病になってしまったり、最高難易度のスキャルピングをやることになります。その結果資金がなくなり再度就職をするというケースもあります。

専業トレーダーは誰もが憧れる魅力的な職業でありますが実情は厳しいものでもあるということです。

やみくもに専業になるのは危険

会社が嫌だからやちょっと勝てるようになったからといって専業になるのは非常に危険な行為になるのでもう一度考え直しましょう。

もし仮に専業になるのだとしたら最低でも1年は利益が出なくても生活できるだけの資金を用意して始めましょう。それぐらいの心理的な余裕がないと変なトレードをして資金がどんどん減っていくので心の余裕を保つためにも必ずバッファを用意しておきましょう。

有事の際の備えをしておくのはトレーダーとしても基本の事なので自分の感情が先行して無計画で専業になることは控えるのが賢明です。

FXを専業にして副業をやるのも1つの手

FXを専業にして副業をやるのもおすすめです。副業のころよりも収入が減ったとしても生活をすることは可能になりますし、専業トレーダーとはいい意味でも悪い意味でも社会から独立してしまいます。

人間は社会的な生き物ですから専業になっても社会とつながる手段を持っておくことは効果的です。またもしもFXで利益があげられなくても副業があるのでその分の心理的な負担もなくなります。

トレードスタイルにもよりますが、スイングトレーダーが専業になった場合には1日の中で自由な時間がかなりあり時間を持て余してきます。そういった意味でもFXだけで生活するのではなく何か社会と繋がる副業をしておくのはおすすめです。

まとめ

FXトレードで専業になるのはリスクが大きいですがそれでもそれに見合っただけのリターンはあります。

自分の好きな時間に起きて自分の好きな人とだけ付き合い好きな時に休みが取れる。という最高な環境にあります。

しかしいい所ばかりではなく収入は不安定で税金や社会保険、年金なども払う必要がありますし、稼がなければならないという気持ちが強くなります。

FXにおいては稼がなければならないという気持ちはかなり悪さをするもので不必要にポジションを持ったり自分の勝てる所じゃないのに無理にエントリーをしてしまいます。

専業と副業のトレードでは大きく心理的な負担が違うためもしも専業になるのであればこのことを十分に考えた上で専業になりましょう。