初心者必読

デモトレードと実際のリアルトレード違いは?失敗しないデモトレードの使い方

FXにはデモトレードとリアルトレードがあります。とにかくまず初心者はデモトレードで経験を積むのがいいです。実際にFXをするかしないかを迷っている方もデモトレードだけでもトライしてみるといいでしょう。

デモトレードではリアルトレードと同様に本物のFX相場で取引をしているのと変わらないトレードがデモンストレーションつまり練習でできます。実際にかかる費用は一切なくどれだけ失敗しても大丈夫なのでトレードを練習するための必須ツールといえます。

ですが実際のリアルトレードと違い欠点もあります。その欠点は実際に自分のお金を使ってトレードをしないという点です。デモトレードとリアルトレードの大きな違いといえばここになります。この違いをしっかりと理解していないとデモトレードでしっかり練習したのにも関わらず大損をしてしまう。

相場から退場してしまう。といったことになり兼ねるので十分に注意をしておく必要があります。そこで今回はデモトレードとリアルトレードの違いと失敗しないデモトレードのやり方をお伝えしていきます。

FXのデモトレードとリアルトレードの違い

FXのデモトレードとリアルトレードの違いを把握しておくことでよりデモトレードを使いこなすことが可能になります。

違いを把握していないと最悪の場合リアルトレードをした時に破産なんて状態にもなり兼ねるので十分に理解を深めてからデモトレードをしていきましょう。

デモトレードだと勝てるけどリアルトレードで勝てない

デモトレードで勝てるけどリアルトレードで勝てないトレ―ダ―が多くいます。その原因はデモトレードとリアルトレードの違いを探っていくことで見えてきます。

デモトレードとリアルトレードの1番の違いは自分のお金を使ったトレードをするかどうかです。これが心理的に大きな影響を与えてリアルトレードのパフォーマンスを下げている要因になります。よく言われる練習につよくて本番に弱いといった状態ですね。この状態にならない様にするためには練習で120%の力で練習をしておいてリアルトレードで結果が出るような方法を使わなくてはいけません。

特にこの状態に多いのはトレード枚数が多すぎるということです。トレード枚数がデモトレードの時に多くトレードをしてしまうとそのトレードに慣れてしまいますが実際のトレードでも同じトレード枚数で取引してしまうと損失が大きくなってしまう場合が多くあります。

この状況にならない様にするためには、意図的にリアルトレードのトレード枚数を下げて損失が小さくなるようにしましょう。そしてその損失に慣れるまでは決してトレード枚数は増やすべきではありません。

デモトレードのメリット・デメリット

デモトレードにもメリット・デメリットが存在します。それらを理解しておくことでデモトレードを十分に活用できるようになるのでしっかり把握しておきましょう。

デモトレードのメリットは

  • リスク0でFXトレード仕組みが理解できる
  • 分析の練習ができる
  • 実践と同じ環境で取引できる

反対にデモトレードのデメリットは

  • リアリティに欠ける
  • 飽き易い
  • メンタルが必要ない
  • 勝っても利益にならない

以上のようなことがあげられます。デモトレードは練習のトレードをするときに活用するツールなのでデメリットの部分は割り切ってトレードに臨む必要があります。

失敗しないデモトレードの使い方

デモトレードで失敗しない為には、如何にトレードに真剣に取り組みリアリティをもって連取ができるかどうかにかかってきます。

そのためにも、デモトレードを行う時は相場に対して真剣に向き合いトレードをする気持ちが必要です。ここで挫折していく人が多い分それを乗り越えれば道は開けてくるのでのちの自由の為にも今は踏ん張りましょう。

心理学が深く関係してくる

トレードには心理学が深くかかわっています。リアルトレードになるとそれを身をもって体感することになるでしょう。

デモトレードでその感覚を味わうのは少し難しいのでデモトレードを卒業するまでに知識としてFXの心理学について理解を深めておくことが大切になります。

マストで知っておいてほしいのはプロスペクト理論とサンクコスト効果についてです。この2つは特に初心者トレーダーが勝てない原因と深くかかわってくるので必ず理解しておくようにしましょう。

メンタルはリアルトレードで鍛えるしかない

デモトレードの唯一のデメリットであるメンタルが鍛えることができない点はリアルトレードに入ってから鍛えるしかありません。

その為リアルトレードに入ってもまずは大きな金額で取引するのではなく。口座の最低取引枚数でトレードでしていきましょう。そして徐々にデモトレードと同じ枚数にしていきましょう。

デモトレードとリアルトレードでは平均台の上を歩くかビルとビルの間を渡るかぐらいの心理的な差があるので必ず守るようにしましょう。

まとめ

FXでデモトレードを始める時にはまずデモトレードの性質を十分に理解してから臨みましょう。その名の通りデモトレードは練習なので目的はトレードの練習になります。

最低限押さえてほしいことは

  • 取引ツールの理解
  • トレード手法を使いこなす
  • チャート分析をできるようになる
  • トータルで勝てるようになる

これらの事をクリアするまではデモトレードをひたすら行いましょう。

また、リアルトレードで失敗しない為にも今のうちから

FXの心理学のプロスペクト理論とサンクコスト効果についての理解を深めて対策を準備しておきましょう。