マインド

FXで勝つためには大衆の逆をやれ!大衆とは逆の思考が必要

FXでは1割の勝ち組と9割の負け組のトレーダーという厳しい世界です。この世界で生き抜いていくためには9割の負け組である大衆の逆をすることが非常に大切になってきます。

そのためにはまず大衆のがどのように考えて、どのように行動をしているのかを理解する必要があります。それなくして戦略を立てることはできません。

また、大衆は何を考えているのか分かりづらい時が多々あります。その時にはトレードをしないことが賢明です。多くの場合分かりづらいというのはみんな分かりづらいということなのでそのような予期にはリスクが高くなります。

FXトレードで勝ち続けるためには大衆の逆をやる必要があり、そのためにはまず大衆が何を考えどう行動するのかを理解していきましょう。それを考えていくことがFXで勝つための道になります。

では、今回は大衆の逆をやる為に必要な考え方についてお伝えしていきましょう。

FXで大衆の逆をやる方法

FXで利益を上げて勝ち続けるためには大衆の逆をやる必要があります。大衆の逆をやり1割の勝ち組に入ることが大切です。

そのためには、まずは大衆がどんなことを考えて、どうやってトレードをしようとしているかを知る必要があります。それを知ったうえで戦略を立てていくのが王道の道になるわけです。

相場は人間心理の塊である

まず初めに相場は人間心理の塊であることを理解しましょう。トレードを実際にするときにはチャートを見ているわけですが、その向こうには複数のトレーダーがいます。

それら大衆の心理が重なり合って相場は動いています。トレードをしているとチャートとの戦いになりがちですが、常にチャートの向こう側にはトレーダーがいることを忘れない様にしましょう。

つまり、主観的な思考と客観的な思考が大切ということになります。

大衆が何を考えているのかを考える

大衆が何を考えているのかをチャートから読み取り考えましょう。今はどんな状況でどんなプレーヤーが参加しているのか?

どういう動きをされたらいやなのかを徹底的に考えてトレードプランを練っていきます。この訓練がとても大切で、これには正解はありませんが正解がないからこそ考え出した結論に意味があるといえます。

そこには明確なトレード目標ができトレードのプランがあり値動きに対処ができるようになります。最初こそどうやって考えたらいいのか分からないものですが、ロングのプレーヤーが嫌な動き、ショートのプレーヤーが嫌な動きはどんな動きか?などトレーダーのそれぞれのトレーダーの視点に立って考えることで見えるものがあるので訓練して身につけていきましょう。

これが大衆心理の逆をいくために必要不可欠な考え方になります。

大衆は明確な判断指標を持っていない

そして大衆は明確な判断指標をもっていないく、値ごろ感やその時に記憶に残っていたトレード手法をいきなり試したりします。

明確な判断指標がないためにトレードに一貫性がありません、そのため大衆はいつまでも同じようなトレードを繰り返し負け続けているといえます。

エントリー・エグジットのタイミング

大衆の逆をやるときにもエントリー・エグジットのタイミングは非常に重要になります。なんとなく勝っていては逆を言っても刈られて終わってしまうからです。

エントリー・エグジットのタイミングは必ず絞ってトレードをしていきましょう。特に始めのころは途中でゴチャゴチャやったりいろいろなインジケーターを表示させてみたりとトレードで余計なことをしてしまいがちですが、実際に勝てるポイントは1日の中でそんなに多くはないし分析手法も沢山使ったからといって勝てるようになるわけではありません。

あれもこれもとなる前に1つの分析手法を使いこなせるようになりましょう。特にインジケーターなんかは視覚的に分かり易いですがそれがなにを表しているか?どんな時にどんな判断ができるのかを正しく把握していないまま使うことは本当に愚行なので気を付けましょう。

自分がどんな動きをされたら嫌なのかを考える

大衆がどんな考えをしているのかを考える時には、自分が1番いい例になるでしょう。過去の自分をターゲットにしてしまいます。

そうすることで結果的には多くのトレーダーの逆をいくトレーダーになることができます。また、自分が今持っているポジションに対してどんな値動きが嫌なのかをしっかりと把握しておきましょう。

これらを把握しておくことはトレードいおいての取捨選択や、嫌な値動きになった時の対処法を考える時に必ず役に立ってくるためマストで実行しましょう。

トレーダーがターゲットにすべき相手は誰でもなく過去の自分ということです。

まとめ

FXトレードで勝ち続けるためには、9割の負け組トレーダーである大衆の逆をいく必要があります。

逆をいくためにはまず大衆が何を考えどう行動するのかを知る必要があります。それを理解するためのFXに対する勉強も必要です。

また、大衆の逆をいくということは逆張りと捉えれるかもしれませんがトレードの逆張りだけでなく、思考の逆張りも必要です。

というかこの思考の逆張りがとても重要です。

多くのトレーダーがめんどくさがってやらないことをやる。それが1割の勝ち組に入る為の近道であります。FXはその性質上楽して稼ぎたい属性のトレーダーがまだまだいます。それらのトレーダーがしないことをすれば必然的に儲かっていくということです。

トレードの逆張りも大切ですが、もっと重要なのは思考の逆張りです。大衆の逆をいくためにもこれらの思考を理解しておきましょう。