資金管理

FXではロット管理が超重要!資金管理マスターしてリスク管理せよ

FXでは手法よりも大切なものがあります。もちろん手法も大切ですがそれ以上に大切なのがロット管理、つまり資金管理になります。これができていないとどんなにいい手法を使っていても負けてしまいます。勝てるはずの何年もやっていて勝てていないトレーダーはこのロット管理ができていない場合がとても多いです。

このロット管理さえできるようになれば、実はそんなに難しい手法を使わなくても勝ててしまうものなんですが、このロット管理というのが曲者で、できる人は当然のようにできてしまうけれどできない人はいつまでたっても、意識していてもできないものでもあります。

つまり、ロット管理ができていないから勝てていないと自覚していてもそれを実際のトレードで使う事ができないということになります。

せっかくロット管理を勉強しても使えなければ意味がないので、そういった場合にはしっかりと自分を強制してロット管理ができるようになっておきましょう。

FXはロット管理がトレードのパフォーマンスを左右する

FXでは、ロット管理がトレードのパフォーマンスに直結する要素になります。せっかくシナリオ通りに価格が動いてもロット管理ができていない為に強制決済になったり、大きな損失を被って心理的にトレードに悪い影響を及ぼしたりとロット管理がトレードのパフォーマンスを左右します。

このことを理解して正しくロット管理をしトレードのパフォーマンスを安定させていきましょう。実際のところロット管理といってもそんなに難しい物はなくそれをトレーダーが実行できるかどうか?という問題しかないので実行できるようになっておきましょう。

損切りは自己資金の2%

ロット管理で重要になってくるのが自分の許容できる損切り幅を理解しておくことです。基本的には、最大でも自己資金の2%以上の損切りが1回のトレードでない様に損切りを設定しておきます。

間違っても2%以上の損切りになるトレードはしない様にしましょう。強制ロスカットや資金を大きく目減りさせてトレードでどんどん勝てなくなります。その点2%の損失に抑えておけば大きく負けることはないのでその分トレードが上達していきどんどん負けなくなってきます。

スーパートレーダーでさえ今まで2%でトレードをしていたものを4%に上げた途端に破産した。という事実もあるくらいなので普通のトレーダーは2%を厳守することに勤めましょう。

1度に取るリスクを限定する

1度に取るリスクは必ず限定するようにしましょう。これには明確な指標はありませんが、1回のトレードの損失は2%、1度に持つポジションは合計いくつ等リスクを限定しておきます。

焦って稼ぎたいあまり、多くのポジションを持ってしまいがちですが、多くのポジションを1度に持つとその分負けるリスクも高まるし、1つだけのポジションの時と違い一つ一つの分析が疎かになってしまいます。

つまり管理しきれないということです。そのため1度に取るリスクも管理することでトレードのパフォーマンスを安定させることができます。

FXトレードの具体的なロット管理の方法

さて、ここからは具体的なロット管理の方法を解説していきます。

具体的なロット管理の方法は…

  • 建値決済
  • トレーリングストップ

上記の2でしてこれができるようになると負けトレードが格段に減ります。(もちろん手法によるが)

建値決済

建値決済、エントリーと同じレートで決済することです。

ある程度利益の乗ったところでエントリー時と同じレートに逆指値(ストップ)を移動させる事でその後は実質ノーリスクで利益を伸ばす事が可能です。

すぐに利食いをしてしまうのではなく、伸ばせるだけ利益を伸ばすことがFXではとても重要になります。

建値決済の発展系

建値決済の発展として、ある程度利益を取ることができれば、半分を決済して残りは建値に逆指値を置くことでリスクなく利益を伸ばすことが可能になります。(分割決済という)

これはせっかく含み益が出ていたのに建値に戻ってきて実質利益0という状態を避ける事ができます。

つまり、心理的安定性を分割決済をすることで担保するという事です。

トレードは自分との戦いなのでこうした細かいところで差が出てきたりします。もちろんあなたが実際に両方やってみてどっちが自分にとって快適なのか?で判断する必要があります。

トレーリングストップ

トレーリングストップは自動決済で現在価格からー20pips動いたら決済するという注文方法です。

これは、言葉では説明しずらいのですが、相場の値動きに合わせて利益の最大化を作ることが可能になります。

自動決済になるので、トレーリングストップを1度設定してしまえば自分の設定した利益は確定しながら、さらに利益を伸ばすことが可能になるということです。

この注文方法は利益を上げるためには必須の注文方法ですが、国内口座では使える口座が非常に少ないので、利用できる国内口座を使うか、海外口座でトレードをするといいでしょう。

トレーリングストップは手動で行う事も可能

前提としてスイングトレード以上になりますが、手動でトレーリングストップをする事も可能です。

  • ピンバー発生でストップを引き上げる
  • ダウ理論に基づいて高値更新でストップを引き上げる

上記のようにしてストップを手動で引き上げていきます。

トレーリングストップ込みの検証ができていれば利確ポイントについて考える必要がなくただ、相場についていくだけでいいのが利点ですね。

が、取引時間軸が短いとそれこそ相場に張り付いていないといけなくなってしまう為、4H足・日足以上のスイングトレードで実践する事が好ましいです。

まとめ

FXではロット管理がトレードの利益に直結してきます。ロット管理の方法は難しい物はなく、知っていて実際に使えるかどうかでしかありません。

ロット管理の方法は

  • 損切りは自己資金の2%
  • 1度に取るリスクを限定する
  • 建値決済
  • トレーリングストップ

以上の4つになります、これらすべてを使えるかどうかは、能力でもなんでもなくてあなたの意思次第です。

自分の大切な資金を守るための有効な手段になるので必ず実行してできるだけ最小限のリスクで資産を増やしていきましょう。