資金管理

FXで資金を溶かすトレーダーはなぜいるのか?理由と対策

FXで資金を溶かすトレーダーはなぜ生まれてしまうのでしょうか?資金を溶かすのは誰でも避けたいものですが、資金を溶かしたくないと思っていてもやってしまうものなのです。

資金を溶かす原因は大きなくくりで言えば自己否定ができていないということになります。

要するに、自分の間違いを認め、改善することができていない状態ということです。自分の間違いを頭では、理解していても改善できていないという頭のなかと行動が伴っていない状態になります。そのため、資金を溶かしてしまうのです。

良くあるのが損切りができないという問題ですね。損切りをしないといけないと思っていながらも、自分の損失を実際に見ると損切りが怖くてできなくなる。といった問題が生じてきます。これは実は、直す方法は意外と簡単で、トレードするときのポジションを今までよりも小さくすれば解決できます。

しかし、この方法が分かっていても、自分のマインドが弱いと結局損切りができないということになりますから、最終的にはマインド。心の強さがカギになります。

いかに自分の間違いに気付いてそれを強く否定できるか?

ということが重要になってくるということです。

自己否定することが大切なことは分かりましたよね?では、それを前提にどんな状態のトレードをしているトレーダーが資金を溶かしてしまうのかその理由と対策を見ていきましょう。

FXで資金を溶かしてしまう理由

FXで資金をなくしてしまう理由は、ほとんどの場合というかすべてトレーダー自身が原因で資金を溶かしてしまいます。

実際に溶かす当の本人もそれは分かっているのです。分かっていてもできないものですが、そこを自分で強制しないとダメなんですよね。

これが、トレーダーに必須な自己否定のマインドになります。

これがないと、どんなに溶かす対策を理解したところで、実際にその状況になった時に対応できないので注意しておきましょう。

レバレッジが高すぎる

レバレッジはテこの原理で、少ない証拠金で大きな通貨取引をすることができるよ。というFX特有の仕組みですね。国内口座では25倍、海外口座では1000倍近くレバレッジを使うことができます。

ですが、実際の勝っているトレーダーたちはこれだけのレバレッジは使いません。25倍でも相当にリスクが高いからですね。基本的には、多くて10倍もっと少なくて5倍くらいのレバレッジを使います。

レバレッジが高いとそれだけで、自分のシナリオと外れた時に、たった20銭の逆行で強制決済することにも繋がりますので、自分の資金に見合ったレバレッジを使って、リスクは最低限に抑えましょう。

レバレッジが大きすぎるトレーダーは焦って資金を増やしたい方に多いですが、FXはもともとコツコツと資金を増やしていくビジネスモデルなので、そもそもの話、すぐに資金を増やしたいトレーダーにとってはリスクが高い、目的のあっていない行為になるので注意しておきましょう。

資金管理ができていない

レバレッジの話ともつながってきますが、資金管理は、レバレッジの調整やポジションのサイズ、損切り等を管理するということです。

資金管理ができていないと、無理な損切り幅にしたり、資金に対して大きなポジションを持ちすぎます。その結果資金を溶かしてしまいます。

冒頭でもお伝えしましたが、多くの資金を溶かすトレーダーの原因が資金管理にあります。これさえできていれば資金を溶かしたり、1回のトレードで大負けすることはなくなるので、トレードのスキルの上達ができます。

資金管理には沢山のやることがありますが、まずは、毎回のトレードで負けれる額を自己資金の2%に抑えましょう。

これができれば大きく負けて資金を溶かすことは一切なくなります。これができるだけのマインドを備えていたらの話ですが…

トレードに向かう姿勢がなってない

トレードに向かう姿勢は、トレードをするうえで手法や資金管理よりも大切なことになります。よく「FXはギャンブルで上がるか下がるかの二択だ」なんていう人がいますが、こういうトレーダーが資金を溶かします。

FXはギャンブルではなく1つのビジネスです。そしてトレーダーはそのビジネスのオーナーなわけです。資金という名の従業員に働いてもらうことで利益を上げます。

そのため、ギャンブルなんて言っているトレーダーは市場は常に運で決まるといっているのに等しいです。誰もそんな社長のところで働きたいとは思いませんし、すべてを市場のせいにするようでは間違いなく市場に足元をすくわれます。

このように、FXにたいする姿勢は自分がどれだけ相場に真剣に取り組むことができるかに直結してきます。

安易な気持ちでトレードすればそれは当然溶かす危険が増えるので、このような考えを持っている方は、早いうちに改心してトレードに臨みましょう。

損切りを嫌う

損切りを嫌うのは1番トレーダーに多いですね。損切りは自分の思惑と外れた時には必ずすべきことです。相場の未来が読める人は誰もいないわけですから、エントリーがすべて自分の思った通りになるトレーダー等いませんが、自分の思ったエントリーと違ったことを認めることのできないトレーダーが損切りを嫌う傾向があります。

また、資金管理のところでも触れましたが、ポジションサイズが大きすぎるために損失が大きくなりすぎて損を許容できなくなるトレーダーもいます。

どちらにしても、これはトレーダー自身が招いた失敗ですから受け止める必要がありますが、なかなかその自己否定ができない場合が多いんですね。そのため、そのままずるずると言って最終的に資金を溶かすということになってしまいます。

損切りは、エントリーと同時に入れて、それ以降は狭めることはあっても広げないということが大切です。これも結局のところトレーダーがそれを守れるかにかかってきますが…

トレードプランがない

トレードのプランがないのは、直接的には資金が溶ける要因にはなりにくいですが、間接的にはかなり関わってきます。

トレードプランと予想の違うところは、予想は、こうなるだろうという判断で、トレードプランは、こうなったらこうしよう、もしこうならなかったらこうしようよ様々な状態に対処できるように準備をしておくことです。

予想は誰でもできて、多くのトレーダーがしますが予想の場合はその予想したことが当たらなかった時の対処を考えていない為、予想外の事が起こるとそこで対処ができなくなります。

ですがトレードプランは、あらかじめ、客観的に分析した結果さまざまな対応策を考えておくので、どんな状況になっても対応ができます。

このトレードプランがあれば損切りもできていたのにという場面も多くありません。そのためトレードプランが間接的に資金を溶かす要因に繋がってくるということになります。

まとめ

トレーダーがFXで資金を溶かす原因はすべてトレーダー自身に問題があります。

そのため、それらを自分自身で認識ししっかりと自己否定することが非常に大切です。

トレーダーが自己否定することは、

  • レバレッジが高すぎる
  • 資金管理ができていない
  • トレードに向かう姿勢
  • 損切りができない
  • トレードプランを立てる

このような要素で少しでも足りない要素があればそれを修正するために自己否定を全力で行ってください。

自己否定するのには、かなりの労力が必要ですが、それでもしておかないといずれ資金を溶かしてしまうので、早い段階で行っておくといいでしょう。