資金管理

FXの許容損失の重要性は?損失許容額を決めて資金管理する方法

FXでの損失を大きく設定しすぎてしまうトレーダーは多くいます。

実際にトレードで大きく損失を設定しすぎたために損切りができなくなったり強制ロスカットをされてFXから退場してしまうトレーダーもかなりの数存在しています。

何故トレードで大きな損失ほど損切りができないのでしょうか?それは心理的に損失を許容出来ていないからなんですね。

つまり許容できる損失に抑えてしまえばトレードで損切りをきちんと執行出来て損切りができないという事態にも強制ロスカットされるといった事にもなりません。

でもこういった事ってトレーダー自身もわかっているはずなんですね。

分かっていてもできないというのがこの心理の悪い所でもあります。そこで今回は損失を許容できる損失に抑えて損切りを執行できるトレーダーになる方法をお伝えしていきます。

FXの許容損失の重要性

FXの損失を大きくしてしまうトレーダーは資金管理ができていないといえます。その資金管理においてなぜ許容損失を設定しておかなければいけないのでしょうか?

なぜ許容損失が重要なのか?

許容損失を設定しておくことが重要な理由はトレーダー自身の資金を守る為です。一回のトレードあたりにどれぐらいまでの損失を許容できるのかをあらかじめ決めておくことで損切りができないとか強制ロスカットされてしまうといった事態を回避することができます。

多くの負けトレーダーは損失許容額を決めていないから損切りができなくて大損をしてしまうということを理解していない為自分がなんで負けるのか分からずにFX相場から退場してしまうということです。

どれぐらいのリスクを許容できるかを考える

トレードをしていくにあたって許容損失は必ず設定しておきましょう。トレーダーが資金を守る手段の1つとして許容損失を設定しておくのでこれは必須事項です。

自分がどれだけの損失なら耐えることができて迷わず損切りを実行できるのかを考えることが重要です。そしてそれを考えたら実際にその通りにトレードで損切りを実行してみる所まで行いましょう。

コツコツドカンの対処法

許容損失を設定することのメリットとして損切りができないという状態を回避するだけでなく、コツコツドカンを回避することも可能になります。

コツコツドカンはその名の通りコツコツ稼いでドカンと負けるということです。そのため許容損失を設定することでこのドカンの部分を回避することができます。

つまり大負けが無くなるということですね。これはトレーダーとしてかなりの進歩になります。

許容損失を決めて資金管理をする方法

さてここまで許容損失を設定する重要性をお伝えしてきました。次は許容損失を決めて資金管理をしていく方法をお伝えしていきます。

資金管理がトレードではかなり重要になってきますから、その基本ともなる許容損失の設定をして実際にトレードで使えるようにしておきましょう。

自己資金の2%のルール

許容損失は最大でも自己資金の2%に収まるように設定をしましょう。これは確実にトレーダーの自己資金を守る為の鉄則のルールです。どんなトレーダーでもこの2%以上の損失を許容することは許されません。

2%ルールに従い許容損失を決めた時に少ないと感じるようであればその時には自己資金を増やして対応しましょう。それぐらいこの2%という数字は絶対に超えてはならない数字になります。

月に数百万の利益を上げるスーパートレーダーでさえ許容損失額を4%に上げたら破産したという話もあります。ですから、必ず2%以内に収まる許容損失にしましょう。0.5%や1%など少ない分には構いません。

月の損失許容額を決めて損失を限定する

2%の損失許容額を設定したら同時に月の損失許容額も決めてしまいましょう。これは2%ルールと同様にトレードのリスクを限定する役割があります。

例えば毎月5%の損失を被ったらトレードをしないということです。なぜそうするのかというとトレードの手法が値動きにあっていない場合やトレードの技術がまだ成長途中に資金が減ってしまうのを防ぐ役割があります。

さらにメリットがあって月の損失許容額を設定しておくと安易なトレードをしなくなります。これはトレーダーにとってかなりのメリットがあります。トレーダーの敵であるポジポジ病を回避することができるからですね。

まとめ

FXで1度のトレードに対しての損失許容額を決めることと月の損失許容額を決めることはトレーダーとして長く生き残っていくためには必ず必要なスキルになります。

この損失許容額設定ができてしまえば資金管理のほとんどをマスターしたといっても過言ではありません。それぐらいに損失許容額が大切だということです。

この事実を知って実際に行動に移すかどうかトレーダー次第ですが知っていても行動に移すことができなければそれは負けトレーダーとしてのFXを人生を歩むことになってしまうので必ず実行することをお勧めします。