初心者必読

FXは何をどうやって勉強すればいい?本気で勉強するならすべきこと

FXを勉強しようとする時に「さあ勉強するぞ!」と意気込んでいても、実際に何を勉強したらいいのか?どんな風に勉強したらいいのか?迷う方は非常に多いと思います。

特に独学で勉強していると遠周りしやすい事であります。

そのため、勉強する前にしっかりと何を勉強するのかを明確にしておく必要があります。

そうしておかないと、勉強している時に効率が悪くなったり何が目的になって勉強しているのか分からなくなったりしてしまうからです。

とはいえ、実際に何から勉強していいのか、何を勉強したらいいのかと言うのは具体的な事は以外にも中々知る機会というものがありません。

そこで今回はFXで何をどうやって勉強したらいいのか?具体的にお伝えしていきましょう。

FXは何をどうやって勉強すればいい?

結論から言うと、FXにおいて何よりも重要になるのは基礎です。これはどんな事でも同じではありますが、実際に相場に向き合っていると理解出来ないことが多すぎて難しく感じるかもしれませんがそれは基礎がしっかりとしていないからです。(FXは基礎だけ抑えていて勝ち越すことができます

基礎の土台さえしっかりと構築できていれば、あとからいくらでもノウハウはついてきますから、まずは基礎の習得に時間をかけましょう。

そして何よりもFXで全くの初心者である場合には、たくさんの事を学ぶ必要があることを予め理解しておく必要があります。

巷でよくあるようなロジックだけでは勝てないのは読者さんも理解している事でしょう。それは、ロジックだけでは勝てない事の何よりもの証明であります。

FXで勝つために勉強が必要な能力はかなり多い

初めにお伝えしておきますが、FXで勝つ為に勉強が必要な能力というのは非常に多くの物が必要になります。

もちろん正解はないですが、それでも勝つトレーダーに共通している事というのは確かに存在しているのでそれをお伝えしていきます。

勝つ為に勉強が必要な能力には以下の4つがあります。

  • FXの基礎
  • 資金管理
  • チャート分析
  • FXに対する考え方(マインド)

これらを順に説明していきましょう。

FXの基礎

まず初めに抑えて置くのはこの基礎の部分です。

この基礎の部分だけでもたくさんの要素が存在しますが必ず抑えて置きたいのが

  • ダウ理論
  • 相場が何故動くのか?
  • 使いたいインジケーターの具体的な説明

これらを自身に深く落とし込んで行きましょう。すべての要素に関して習得できたと判断する時には、実際に言葉で他人に説明ができるレベルまで来たら習得したと判断してください。

言葉で説明できないと実際のトレードで理解ができていない状態になるため非常に危険です。

資金管理

資金管理ではまず基本となる「損切り」と「2%ルール」というものを習得しましょう。

資金管理については特に勉強というよりは実際に自分で守ることができるようになるというニュアンスの方が正しいです。

損切り

損切りというものは必須で有ることをまず理解してください。

損切りができないとトータルで勝ち越すことは難しいです。また、損切りせずにもとの価格に戻ってきたとしてもそれは結果論であって実際に含み損を抱えている時には分かりません。

損切りができないと資金効率も悪くなりますから、自分の考えと違う方向に動いたら潔く損切りができる精神力を身につけましょう。

2%ルール

2%ルールというのは実際の自己資金に対して1回のトレードで取るリスクを2%に抑えましょう。ということです。

場合によってはこれができるだけで驚く程負けが減ることもあるぐらい強烈なノウハウなので損切りと同様にできるようにしておきましょう。

資金管理の鉄則ルール

チャート分析

チャート分析では何を勉強するかというよりも、ある一定のロジックに沿ってトレードができる練習をするのが効果的です。

当然ながら基礎あってこそのものになりますが、基礎ができていればどんなクソロジックでさえ勝つことが可能です。

多くのトレーダーは負けが続くと新しい手法にどんどん乗り換えて行きますがこの行動事態が正しくないのです。勝っているトレーダーというのは、1つの手法を使いこなせるようにしてから、新たなチャンスを掴む為に更に手法を構築していきます。

チャートを使って分析の勉強をする際には、自分の使うインジケーターなりロジックというものがどういった局面で機能するのかを考えながら検証して行きましょう。

FXに対する考え方

最後はFXに対する考え方、つまりマインドの部分になります。ここは非常に抽象的な概念が多い為理解し辛いポイントではありますが、最重要項目になります。

それで勝っているトレーダーが共通して考えていることは

値動きは誰にも分からないというマインドを持っているということです。

実際には分かるけれどそれは確率的には70%とかだからもしも自分の考えている値動きのイメージにならなかったとしても負けないというところにあります。

多くの人は勝っているトレーダーがなにか相場が分かる魔法の方法を知っているんじゃないか?と考えますが実際にはそんなことはありません。

魔法の方法があるとしたら、値動きは誰にも分からないという思考が魔法の方法といえるでしょう。このマインドは最初は理解できなかったとしても必ず頭においておくようにしましょう。

なぜならこのマインドがないとどこかで必ず大損するときが来ます。

まとめ:FXを勉強するなら覚悟を決める

FXを勉強するならば生半可な気持ちでは間違いなく大損します。仮に勝ったとしても、勝ち続けることは不可能に近いです。

FXで何を勉強したらいいのかここまで読んでくださったあなたなら理解できていると思いますが、圧倒的に勉強すること、必要な能力というものが多いです。

それを今から習得していくというのは覚悟のない人では続きません。時間とお金を無駄にするだけです。しっかりとFXで稼ぐ覚悟のできる方のみFXを勉強することをおすすめします。