資金管理

FXのリスク管理で失敗しない方法!リスクマネジメントは必ずやれ!

FXで失敗しない為にはリスク管理(リスクマネジメント)が必須になります。このリスク管理ができていないと、いくらチャート分析ができていくら資金があっても勝てるようにはなりません。

FXは総合力で戦うビジネスですから、リスク管理の能力はどうあっても必ず習得しておく必要があります。

仮にリスク管理の仕方をマスターしたら、いくらチャート分析が下手くそでも、資金が少なくても大きく負けることはなくなります。

それくらいリスク管理は自分の資金を守るために大切な能力になるので必ず身につけてFXでのリスクを最小限に抑えましょう。

FXのリスク管理で失敗しない方法

FXのリスク管理で失敗しない方法

リスクを管理してリスクを最小限に抑えることで、極めて安全に資産を増やすことができます。トレーダーが最初に学ぶべきことといってもいいでしょう。

それで、リスク管理の方法ですが、以下の4つの方法があります。

  • 損切り注文は必ず行う
  • 適切なレバレッジでトレードする
  • 主要な国の地政学リスクは把握しておく
  • 危険な時はポジションを持たない

上記の方法はどれも簡単にできてしまう事なのでサクッとマスターしてしまいましょう。

損切り注文は必ず行う

損切り注文は必ず行うようにしましょう。どうしてもできない場合にはエントリーはすべきではありません。

たまに損切りをするから負ける。というのを目にしますがそれは、損切りが悪いのではなく損切りのポイントの選定が悪い、もしくはエントリーポイントが悪いということなので必ず損切りはおくべき。

損失はFXにおいては必要経費です。避けて通れるものではないので必ず損切りはしてください。これがリスク管理の基本になります。

裁量で損切りできない時は逆指値

裁量で損切りができない状態というのがありますよね。

例えば

  • 仕事で日中にチャートが確認できないとき
  • 夜、寝ていてチャートが確認できないとき

このような時には、逆指値注文を積極的に活用しましょう。

このような注文方法をマスターしておくのもトレーダーの仕事です。

適切なレバレッジで取引する

適切なレバレッジでトレードを行いましょう。レバレッジをかけないと資金が増えないほどの少ない資金であれば本来FXをやるのに適した資金ではないということです。

レバレッジは諸刃の剣です。味方にすることができれば大きく資産を増やすことができますがほとんどの場合には自分に牙をむいてきますからレバレッジは適切な範囲にとどめておきましょう。

また、レバレッジをそれほどかけなくてもFXでは資金を増やすことは十分に可能なのでレバレッジは極力使わない様にしましょう。

主要な国の地政学リスクを把握しておく

地政学リスクの多くはいつ顕在化するのかは分かりませんが、いつ起こるか分からない為常にそれの対応策は必要です。

例えば

  • トランプ大統領がツイッターで過激な発言をする
  • 北朝鮮がミサイルを打つ
  • イギリスのEU離脱に関する、新しい情報

これらはそれぞれ懸念しておくべき事項と言えます。ただし、懸念はできてもいつ顕在化するかは当の本人にしか分から無いので、把握しておく程度で構いません。

しかし、だからといってノーマークというのはリスクが高すぎるので、しっかりと今の相場にはどんなリスクが内包しているのかを把握して、いつそれが顕在化してもいいように対策を練っておくことが重要です。

危険な時はポジションを持たない

危険な時はポジションを安易に持たないのもとても大切なリスク管理になります。

例えば

  • 大統領選挙
  • 主要な経済指標の発表(米国雇用統計など)

これらの時は思い描いたシナリオ通りになれば大きく利益を上げることができますが、そうならなかった時には大きな損失を被ります。

そのため、そういったときはあらかじめ、ポジションを持たないかロットを小さくしてトレードする等のリスク管理をしておくといいでしょう。

リスク管理は死ぬほど大切

リスク管理は死ぬほど大切

それでリスク管理というのはトレーダーにとって最大に大切な事だと言えます。

なぜなら、どんなに上手くてもリスク管理ができていないと必ず負けるから。

というのも、トレーダーというのはどれだけ上手くとも勝率は100%ではありません。勝率は高くても90%ぐらいになります。

つまり90%の確率で勝っても残り10%の確率で負ける。この10%の負けで資金を溶かしてしまう事は十分にありえる事だからなんですね。

それ故にトレーダーにとってリスク管理というのは死ぬほど大切という事が言えます。

資金を溶かしたことが無いとイメージできない

資金を溶かした事が無いとリスク管理の重要性というのに気がつく事はなかなか難しいですが、口を酸っぱくして何度も書きます。

多くのトレーダーがこのリスク管理ができていないが為に資金を溶かしてしまうという事例を沢山見てきましたし、筆者も資金を溶かしました。

これは1度でも大きな負けを経験したことのあるトレーダー、資金を溶かしたことのあるトレーダーであれば誰でも大切だという事を認識できますが、それを経験したことのないトレーダーにはあまりリスク管理というものの重要性は分からないのが難点ではあります。

まとめ

トレーダーに必須の能力

リスク管理はトレーダーにとって必要な能力です。多くの場合1度大きな失敗をしてからリスク管理の重要性に気が付いてリスク管理を意識し始めるといった事が多いですが、それでは資金がなくなったりメンタルが持たないトレーダーもいます。

その為にも事前に分かることなら事前に対策を講じておく事がとても重要なことになります。

リスク管理をするうえで意識することは

  • 損切りは必ずする
  • 適切なレバレッジで取引する
  • 地政学リスクを把握しておく
  • 危険な時はポジションを持たない

以上の事を意識しておく必要があります。

この中でも特に重要なのが損切りです。損切りはリスク管理の基本中の基本です。

損切りができるようになればリスク管理の半分はマスターしたといってもいいでしょう。それぐらい損切りが重要です。

損切りをしないということは、リスク管理ができていないだけでなく、トレーダーとしての怠慢なので、リスク管理ができていない方も最低限、損切りだけは必ず入れておきましょう。

リスク管理は、自分の大切な資金を守るための必須能力になりますので、これを機会に身にいつけてリスクを最小限に抑えて、極めて安全なトレードができるようにしてくださいね!